男と女の出会いは、生物学的に必然

みんなに届けたい素敵な出会い

男と女の出会いは、生物学的に必然

2010年国勢調査の結果は、衝撃の調査結果でした。

 

30代前半までで、付き合っている人がいない人は、男性で61.4%、女性でも45.9%にも上ることが明らかとなったのです。それに合わせるかのように未婚率も、30代前半で男性は47.3%、女性は34.5%だそうです。なんという時代となってしまったのでしょうか。

 

人間を含めて、すべての生物には、種を保存するというプログラムが遺伝子レベルでインプットされています。だからこそ、人間は第二次性徴期に入ると、急に異性を気にしだしてきます。

 

一説には、人間にも発情期があり、その時期にはフェロモンを分泌し、出会いを求め、お互いに接近するという研究もあります。

 

発情期になると、女は、胸が大きくなり、唇に口紅を塗りますが、これは性器を連想させ、赤ちゃんを産みますというサインだといわれています。男は、ひげが濃くなりますが。これも性器を連想させ、立派な赤ちゃんを産まさすことができるというサインだといわれています。

 

つまり、種を保存できる年齢に達した男と女は、生物学的には常に出会いを求めているので、社会が積極的に出会いの場に出て行くように促せば、未婚率は絶対下がります。


ホーム サイトマップ